cv

学位論文

  • 学士論文:一括変換処理方式におけるカナ漢字変換システムの構築 pdf
  • 修士論文:人と人とのコミュニケーションを拡張するメディアアート作品の制作
  • 博士論文:身体接触をインタフェースに応用した電子楽器システムに関する研究

職歴

常勤

  1. 2008年4月〜2014年3月:公立大学法人首都大学東京/大学院 システムデザイン学部/研究科 助教
  2. 2014年〜現在:公立大学法人首都大学東京/大学院 システムデザイン学部/研究科 准教授

非常勤等

  1. 2008年〜現在:国立大学法人九州大学 芸術工学部 非常勤講師
  2. 2011年〜現在:公立大学法人金沢美術工芸大学 非常勤講師
  3. 2014年〜2015年:早稲田大学 理工学部 非常勤講師
  4. 2016年〜現在:日本大学 文理学部 非常勤講師

受賞歴

  1. 「優秀賞」,「ほしいね!!賞」,Gugen2013,PocoPoco, 2013
  2. ビジネス賞,ナレッジキャピタルアワードver.0 アジア学生クリエイティブEX(研究室受賞)
  3. アジアデジタルアートアワード、インタラクティブアート部門優秀賞
  4. 平成23年度山下記念研究賞,情報処理学会
  5. キッズデザイン賞, 監修商品「ふれあいどらむ(フレクトリックドラムス)」,全音楽譜出版社, 2011
  6. 平成20年度九州大学芸術工学府学生表彰,2008/3/25
  7. 平成20年度文化庁メディア芸術祭エンタテイメント部門審査員推薦作品
  8. Ars Electronica Prix, Interactive Art Category, HONORARY MENTIONS, 2007
  9. 九州大学学生後援会学術研究賞,2007/3
  10. 平成18年度九州大学芸術工学府学生表彰
  11. 平成16年度九州大学芸術工学府学生表彰
  12. 第10回学生CGコンテスト インタラクティブ部門 佳作
  13. 第9回学生CGコンテスト インタラクティブ部門 優秀賞

学会発表受賞

  1. 学生奨励賞(指導学生受賞),竹腰 美夏,metacast:治療用装具における3Dモデルデータ作成支援システムの提案,第1回情報処理学会AAC研究会, 2016
  2. 学生発表賞(指導学生受賞),小手川誠也,スケートボード走行時における走行状態認識とLED発光パターンへの適用,第28回研究会,情報処理学会EC研究会,2015
  3. ADADA Japan 2015 学生研究奨励賞(指導学生受賞) ◎集団行動をシミュレートする子供向け玩具の研究,庭田 凪沙, 馬場 哲晃, ADADA, 2015
  4. ADADA Japan 2015 研究奨励賞(一般研究者を対象とした賞) ◎手書き入力インタフェースを用いた日用品デバイスへの応用とそのプロトタイピング, 馬場 哲晃, Paul Haimes, ADADA, 2015
  5. 優秀講演賞, 「心拍数変動指標を用いたストレス状態の計測アプリケーションの開発」 木戸 秀和氏(首都大学東京大学院)橋爪 絢子氏(首都大学東京大学院)馬場 哲晃氏(首都大学東京大学院)松井 岳巳氏(首都大学東京大学院), 2014年度冬季HCD研究発表会, 人間中心設計推進機構, 2014
  6. 学生奨励賞(指導学生受賞)志水 新, 視覚障害者の日本語入力を支援するフリック入力型キーボード,第158回研究会,情報処理学会HCI研究会, 2014
  7. 学生発表賞(指導学生受賞),東藤絵美,非接触給電を利用した玩具の提案,第24回研究会,情報処理学会EC研究会,2012
  8. Best Technical Paper, Real-time Finger Spelling Yubimoji Recognition by Skeletal Hands Features Tracking, Arata SHIMIZU (Tokyo Metropolitan University), Tetsuaki BABA (Tokyo Metropolitan University), 109,Technical Paper, ADADA International 2014, ADADA, 2015
  9. 情報処理学会インタラクション2006ベストインタラクティブ発表賞
  10. Laval Virtual Award: Video Game and Entertainment賞,2007/4/20

商品化

  1. ともだちがっきタッチくん、小学1年生4月号特別付録、2012年3月1日発売、小学館
  2. おててがっきえほん(プチふれあいドラム),2011年10月8日発売,全音楽譜出版社
  3. フレクトリックドラムス(ふれあいドラム),2010年12月6日発売,全音楽譜出版社
  4. フレクトリックドラムスオリジナルモデル,2011年5月10日発売,Xith

作品所蔵・設置施設 / permanent collection

  1. Ars Electronica, Linz, Austria
  2. Centre of Life, United Kingdom
  3. 北海道電力 科学展示室内
  4. 島根県浜田市世界こども美術館
  5. 九州大学
  6. 長野県信濃美術館, Nagano, Japan
  7. Petrosains Science Discovery Centre, Kuala Lumpur, Malaysia
  8. Copernicus Science Centre, Warszawa, Poland

運営

    2016年度
  1. Asia Digital Art and Design Association JAPAN 理事
  2. Asia Digital Art and Design Association 事務局長
  3. 日本VR学会アート&エンタテインメント研究会 幹事
  4. 情報処理学会音楽情報科学研究会 幹事
  5. 情報処理学会エンタテイメントコンピューティング研究会 幹事
  6. 情報処理学会アクセシビリティ研究会 幹事
  7. 日本ソフトウェア科学会ワークショップWISS2016 実行委員
    1. 論文査読編集
    2. 情報処理学会論文編集委員
    3. ADADA JAPAN論文編集委員会委員
    4. 日本ソフトウェア科学会ワークショップWISS2015プログラム委員
    5. VR学会論文誌特集号,アート&エンタテインメント4,VOL.21 NO.3,ゲストエディタ
    2015年度
  1. アジアデジタルアンドアート学会 理事
  2. 日本VR学会アート&エンタテインメント研究会 幹事
  3. 情報処理学会音楽情報科学研究会 幹事
  4. 情報処理学会エンタテイメントコンピューティング研究会 幹事
  5. 情報処理学会アクセシビリティ研究グループ 運営委員
  6. 情報処理学会シンポジウムインタラクション2016 運営委員
  7. 日本ソフトウェア科学会ワークショップWISS2015 実行委員
    1. 論文査読編集
    2. 情報処理学会論文編集委員
    3. ADADA JAPAN論文編集委員会委員
    4. 日本ソフトウェア科学会ワークショップWISS2015プログラム委員
    5. ヒューマンインタフェース学会論文誌特集号「インタラクティブファブリケーション」ゲストエディタ
    6. 情報処理学会論文誌特集号「エンタテインメントコンピューティング」特集号編集委員
    2014年度
  1. アジアデジタルアンドアート学会 理事
  2. 日本VR学会アート&エンタテインメント研究会 幹事
  3. 情報処理学会音楽情報科学研究会 幹事
  4. 情報処理学会エンタテイメントコンピューティング研究会 幹事
  5. WISS2014 実行委員
  6. ADADA2014 Program Committee Chair
    1. 論文査読編集
    2. 情報処理学会論文編集委員
    3. ADADA JAPAN論文編集委員会委員
    4. WISS2014プログラム委員
    5. 日本VR学会論文誌,Vol.18, No.3, アート&エンタテインメント3特集号,ゲストエディタ
    2013年度
  1. 情報処理学会シンポジウム インタラクション2014運営委員(ローカルアレンジメント委員長)
  2. アジアデジタルアンドアート学会 理事
  3. 日本VR学会アート&エンタテインメント研究会 幹事
  4. 情報処理学会音楽情報科学研究会 幹事
  5. 情報処理学会エンタテイメントコンピューティング研究会 幹事
  6. WISS2013 実行委員
    1. 論文査読編集
    2. ADADA JAPAN論文編集委員会委員
    3. WISS2014プログラム委員
    4. 情報処理学会論文編集委員
    2012年度
  1. 情報処理学会シンポジウム インタラクション2013運営委員(ローカルアレンジメント副委員長)
  2. アジアデジタルアンドアート学会 理事
  3. 日本VR学会アート&エンタテインメント研究会 幹事
  4. 情報処理学会音楽情報科学研究会 運営委員
  5. 情報処理学会エンタテイメントコンピューティング研究会 運営委員
    1. 論文査読編集
    2. 日本バーチャルリアリティ学会論文誌特集号「アート&エンタテインメント3」ゲストエディタ補佐
    3. ADADA JAPAN論文編集委員会委員
    2011年度
  1. 情報処理学会シンポジウム インタラクション2012 運営委員
  2. 情報処理学会音楽情報科学研究会 運営委員
  3. 情報処理学会エンタテイメントコンピューティング研究会 運営委員
  4. 日本VR学会アート&エンタテインメント研究会 幹事
    2010年度
  1. 情報処理学会シンポジウム インタラクション2011運営委員
  2. インタラクティブ東京2010企画運営委員
  3. 情報処理学会音楽情報科学研究会運営委員
  4. EC2010実行委員会実行委員
  5. 情報処理学会エンタテイメントコンピューティング研究会運営委員
    2009年度
  1. 情報処理学会エンタテインメントコンピューティング研究会運営委員

著作

共著
  • 感覚デバイス開発〜機器が担うヒト感覚の生成・拡張・代替技術〜, 担当:1-7-1「冷温呈示のビデオゲームへの応用」,馬場哲晃,株式会社エヌ・ティー・エス
  • Journal / 学術雑誌

    1. Paul Haimes, Stuart Medley and Tetsuaki Baba, A pattern language: designing a hazard information map interface for community-based users, Jousenal of Asia Digital Art and Design Association, ADADA, Vol.20, No.1, 2016
    2. Paul Haimes, Stuart Medley, Danielle Brady and Tetsuaki Baba, Exploring Community Attitudes Towards Sharing of Bushfire Information Online, Journal of Disaster Research Vol.11 No.3(in press)
    3. 木戸 秀和,橋爪 絢子,馬場 哲晃,榛葉 俊一,松井 岳巳,スマートフォンを脈波センサとして用いたリアルタイム HRV算出システムの開発-異なる光条件下での計測精度検証-,バイオメディカル・ファジィ・システム学会誌 Vol.17 No.2, pp.1345-1537, 2015
    4. Shuwa KIDO, Ayako HASHIZUME, Tetsuaki BABA and Takemi MATSUI, Development and Evaluation of a Smartphone Application for Self-estimation of Daily Mental Stress Level, International Journal of Affective Engineering, 2016, doi: 10.5057/ijae.IJAE-D-15-00029
    5. Tetsuaki Baba, Yuya Kikukawa, Kumiko Kushiyama, Gocen: Appropriating Simplified Handwritten Notation as a Musical Interface, Journal of Asia Digital Art and Design Association, ADADA, Vol.18, No.1, 2014
    6. Yuya Kikukawa, Toshiki Yoshiike, Tatsuhiko Suzuki, Takaharu Kanai, Tetsuaki Baba, Kumiko Kushiyama:A design process of musical interface “PocoPoco”:An interactive artwork case study, Art paper journal of Asia Digital Art and Design Association, ADADA, Vol.17, No.1, 2013
    7. 馬場哲晃,菊川裕也,串山久美子,青木允,簡易な手書き譜面を利用した演奏システム Gocen の設計,情報処理学会論文誌,一般社団法人情報処理学会,Vol.54, No.4, pp.1327--1337, 2013-4
    8. 土井幸輝,西村崇宏,瀬尾明彦,串山久美子,馬場哲晃,ヒト手掌部における温度感覚特性及び識別特性の評価,日本感性工学会論文誌,Vol.11, No.3, pp.419-425, 2012-06
    9. 金井隆晴,菊川裕也,鈴木龍彦,馬場哲晃,串山久美子,PocoPoco: 実物体の動きを利用した楽器演奏インタフェース,情報処理学会論文誌,一般社団法人情報処理学会,Vol.53, No.3, pp1050-1060, 2012
    10. 馬場哲晃,笠松慶子,土井幸輝,串山久美子,温冷呈示を利用したビデオゲームインタラク ションにおける手法の検討と開発,情報処理学会論文誌,一般社団法人情報処理学会,Vol.53, No.3, pp1082-1091, 2012
    11. 馬場哲晃,牛尼剛聡,富松潔,身体接触行動をインタフェースに利用したビデオゲームシステムの制作と評価,情報処理学会論文誌,社団法人情報処理学会,Vol.50, No.12, pp2978-2988, 2009
    12. 増崎武次, 馬場哲晃, 藤木淳, 横尾誠, 牛尼剛聡, 富松潔:加速度センサのコントローラを用いたゲームの制作および高校生のインタラクション分析, 日本感性工学会論文誌, Vol. 8, No. 3, pp867-875, 2008
    13. 馬場哲晃,牛尼剛聡,富松潔,Freqtric Drums:他人と触れ合う電子楽器,情報処理学会論文誌,社団法人情報処理学会,Vol.48, No.3, pp1240-1250, 2007

    International Conference / 国際会議(査読あり)

    1. Yukiko Yokomizo, Tomoya Kotegawa, Paul Haimes, and Tetsuaki Baba. 2016. Switch++: An Output Device of the Switches by the Finger Gestures. In Proceedings of the 29th Annual Symposium on User Interface Software and Technology (UIST '16 Adjunct). ACM, New York, NY, USA, 169-170. DOI: http://dx.doi.org/10.1145/2984751.2984753
    2. Paul Haimes and Tetsuaki Baba. 2016. Katsukazan: An Intuitive iOS App for Informing People About Volcanic Activity in Japan. In Proceedings of the 2016 Symposium on Spatial User Interaction (SUI '16). ACM, New York, NY, USA, 193-193. DOI: http://dx.doi.org/10.1145/2983310.2989191
    3. Paul Haimes, Kyosuke Nakanishi, Tetsuaki Baba, Kumiko Kushiyama, NAKANISYNTH: An Intuitive Freehand Drawing Waveform Synthesiser Application for iOS Devices, In Proceedings of the NIME 2016, Australia, 2016 PDF
    4. Haimes, P., Baba, T. & Medley, S. Mobile map applications and the democratisation of hazard information. Paper presented at SIGGRAPH Asia, Kobe, Japan.
    5. Haimes, P., & Baba, T. Mapping Hazards in Japan: Increasing the accessibility of geo-spatial hazard information. Paper presented at Nordcode, Jyväskylä, Finland.
    6. Yuki MATSUOKA, Saki YAMAMOTO, Yoshimi IIJIMA, Kazumi SATO, Tetsuaki BABA, Shin TSUCHIYA, Kumiko KUSHIYAMA, Verl ADAMS, A Study of Interactive Modular Screen Wall Systems: Towards Combining the Beauty and Utility of Architectural Materials with Interactive Media Technologies, ID:197, Demo, 12th International Conference for Asia Digital Art and Design,15-16 November, 2014
    7. Kyosuke NAKANISHI, Tsubasa YOHA, Paul HAIMES, Tetsuaki BABA, Kumiko KUSHIYAMA, NAKANISYNTH: A Freehand Drawing Waveform Synthesizer, ID:110, Art Paper, 12th International Conference for Asia Digital Art and Design,15-16 November, 2014
    8. Nagisa NIWATA, Tetsuaki BABA, A Sound Controlled Duck Toy: a Challenge to Apply Sound Source to Controller for Children toys, ID:198, Art Paper, 12th International Conference for Asia Digital Art and Design,15-16 November, 2014
    9. Yuki MATSUOKA, Saki YAMAMOTO, Yoshimi IIJIMA, Kazumi SATO, Tetsuaki BABA, Shin TSUCHIYA, Kumiko KUSHIYAMA, Verl ADAMS, A Study of Interactive Modular Screen Wall Systems: Towards Combining the Beauty and Utility of Architectural Materials with Interactive Media Technologies, ID:196, Art Paper, 12th International Conference for Asia Digital Art and Design,15-16 November, 2014
    10. Arata SHIMIZU, Tetsuaki BABA, Real-time Finger Spelling Yubimoji Recognition by Skeletal Hands Features Tracking, ID:109, Technical Paper, 12th International Conference for Asia Digital Art and Design,15-16 November, 2014
    11. Arate SHIMIZU, Tetsuaki BABA, Kumiko KUSHIYAMA, Seokjin KIM, Flick input keyboard to support a Japanese input for visually impaired, ID:160, Technical Paper,12th International Conference for Asia Digital Art and Design,15-16 November, 2014
    12. Kumiko Kushiyama, Yuya Kikukawa, Tetsuaki Baba, Paul Haimes, and Shinji Sasada. 2014. Mag-B: tactile sand play using an interactive magnetic display. In ACM SIGGRAPH 2014 Studio (SIGGRAPH '14). ACM, New York, NY, USA, , Article 39 , 1 pages. DOI=10.1145/2619195.2656327 http://doi.acm.org/10.1145/2619195.2656327
    13. Tetsuaki Baba, Yuya Kikukawa and Kumiko Kushiyama, Musical Interaction Design for Real-Time Musical Score Recognition towards Applications for Musical Learning and Interactive Art, ACE2013, Creative Showcase, 2013
    14. Yuya Kikukawa, Toshiki Yoshiike, Tatsuhiko Suzuki, Takaharu Kanai, Tetsuaki Baba and Kumiko Kushiyama, PocoPoco: Applying Kinetic Movements to Musical Expression, ACE2013, Creative Showcase, 2013
    15. Yuya Kikukawa, Megumi Kato, Tetsuaki Baba, Kumiko Kushiyama, HAKONIWA: A SONIFICATION ART INSTALLATION CONSISTS OF SAND AND WOODBLOCKS, International Conference on Auditory Display 2013, Poster Papers and Extended Abstracts:9.3, July6-10, 2013
    16. Megumi Kato, Yuya Kikukawa, Tetsuaki Baba, and Kumiko Kushiyama. 2013. HandON: a tabletop interface for dynamic erasable handwriting. In ACM SIGGRAPH 2013 Posters (SIGGRAPH '13). ACM, New York, NY, USA, , Article 21 , 1 pages. DOI=10.1145/2503385.2503408 http://doi.acm.org/10.1145/2503385.2503408
    17. Yuya Kikukawa, Tetsuaki Baba and Kumiko Kushiyama , Hakoniwa: Interactive Sandtray System Consisted of Sand and Woodblocks, 2012 The 10th Annual Conference of Asia Digital Art and Design Association & The 6th International Conference of Taiwan Association of Digital Media Design, oral presentation, paperID:110, 2012
    18. Megumi Kato, Tetsuaki Baba and Kumiko Kushiyama, A Tabletop Interface for Dynamic Erasable Handwriting with Peltier Device, 2012 The 10th Annual Conference of Asia Digital Art and Design Association & The 6th International Conference of Taiwan Association of Digital Media Design, oral presentation, paperID:108, 2012
    19. Application of Face Tracking for Play-Reading :Toward a Multi-Role Playing Drama Mai Mugishima, Tetsuaki Baba and Kumiko Kushiyama, 2012 The 10th Annual Conference of Asia Digital Art and Design Association & The 6th International Conference of Taiwan Association of Digital Media Design, Artwork presentation, paperID:101, 2012
    20. Tetsuaki Baba, Yuya Kikukawa, Toshiki Yoshiike, Tatsuhiko Suzuki, Rika Shoji, Kumiko Kushiyama, and Makoto Aoki. 2012. Gocen: a handwritten notational interface for musical performance and learning music. In ACM SIGGRAPH 2012 Emerging Technologies (SIGGRAPH '12). ACM, New York, NY, USA, , Article 9 , 1 pages. DOI=10.1145/2343456.2343465 http://doi.acm.org/10.1145/2343456.2343465
    21. Rika Shoji, Toshiki Yoshiike, Yuya Kikukawa, Tadahiro Nishikawa, Taigetsu Saori, Suketomo Ayaka, Tetsuaki Baba, and Kumiko Kushiyama. 2012. mimicat: face input interface supporting animatronics costume performer's facial expression. In ACM SIGGRAPH 2012 Posters (SIGGRAPH '12). ACM, New York, NY, USA, , Article 72 , 1 pages. DOI=10.1145/2342896.2342983 http://doi.acm.org/10.1145/2342896.2342983
    22. Yuya Kikukawa, Takaharu Kanai, Tatsuhiko Suzuki, Toshiki Yoshiike, Tetsuaki Baba, Kumiko Kushiyama, PocoPoco: A Kinetic Musical Interface With Electro-Magnetic Levitation Units, In ACM NIME2012 Poster&Demo [ Accepted ]
    23. Azusa Kadomura, Koji Tsukada, Tetsuaki Baba, Kumiko Kushiyama, Hangul Gangul: Interactive toy for Hangul Learning, Proceedings of 6th International Conference on Tangible, Embedded, and Embodied Interaction (TEI 2012), Art Explorations, pp. 323-324
    24. Tatsuhiko Suzuki, Takaharu Kanai, Yuya Kikukawa, Tetsuaki Baba, Kumiko Kushiyama, Observational Analyzing the Effects of the Physical Object's Movement on Users With Eye-Tracking, Asia Digital Art and Design Association Internatinal Conference ADADA2011, pp51-52, ADADA, 2011
    25. Shoji Rika, Yoshiike Toshiki, Suketomo Ayaka, Taigetsu Saori, Nishikawa Tadahiro, Kikukawa Yuya, Oh Tansei, Tetsuaki Baba, Kumiko Kushiyama, Contactless Face Interface that Detects User's Facial Movements by Multiallocated Reflective Photo Sensor, Asia Digital Art and Design Association Internatinal Conference ADADA2011, pp43-44, ADADA, 2011
    26. Takaharu Kanai, Yuya Kikukawa, Tatsuhiko Suzuki, Tetsuaki Baba, and Kumiko Kushiyama. 2011. PocoPoco: a tangible device that allows users to play dynamic tactile interaction. In ACM SIGGRAPH 2011 Emerging Technologies (SIGGRAPH '11). ACM, New York, NY, USA, , Article 12 , 1 pages. DOI=10.1145/2048259.2048271 http://doi.acm.org/10.1145/2048259.2048271
    27. Takaharu Kanai, Yuya Kikukawa, Tatsuhiko Suzuki, Tetsuaki Baba, and Kumiko Kushiyama. 2011. PocoPoco: a tangible device that allows users to play dynamic tactile interaction. In ACM SIGGRAPH 2011 Posters (SIGGRAPH '11). ACM, New York, NY, USA, , Article 50 , 1 pages. DOI=10.1145/2037715.2037772 http://doi.acm.org/10.1145/2037715.2037772
    28. Baba, T., Kushiyama, K., and Doi, K. 2010. ThermoGame: video game interaction system that offers dynamic temperature sensation to users. In ACM SIGGRAPH 2010 Posters (Los Angeles, California, July 26 - 30, 2010). SIGGRAPH '10. ACM, New York, NY, 1-1.
    29. Kumiko Kushiyama, Tetsuaki Baba, Kouki Doi, and Shinji Sasada. 2010. Thermal design display device to use the thermal tactile illusions: "Thermo-Paradox". In ACM SIGGRAPH 2010 Posters (SIGGRAPH '10). ACM, New York, NY, USA, , Article 99 , 1 pages. DOI=10.1145/1836845.1836951 http://doi.acm.org/10.1145/1836845.1836951
    30. Kumiko Kushiyama, Tetsuaki Baba, Kouki Doi, and Shinji Sasada. 2010. Temperature design display device to use peltier elements and liquid crystal thermograph sheet: "Thermo-Pict neo". In ACM SIGGRAPH 2010 Posters (SIGGRAPH '10). ACM, New York, NY, USA, , Article 42 , 1 pages. DOI=10.1145/1836845.1836890 http://doi.acm.org/10.1145/1836845.1836890
    31. Azusa Kadomura, Rika Shoji, Yuki Nakano, Tomohiro Matsuba, Ryo Mori,Tetsuaki Baba,Kumiko Kushiyama, Hello! My Friends -The design of the electronic picture book for infants which used IC card, ASIAGRAPH2010 in Shanghai, Journal Vol.4 No.1 2010, pp.211-212 2010-6
    32. Risaho Ogi,Tetsuaki Baba,Kumiko Kushiyama, The Weeping Witch -Research of fantasy movie with devised pop-up book, ASIAGRAPH2010 in Shanghai, Journal Vol.4 No.1 2010, pp.211-212 2010-6
    33. Noriko Koshiishi,Tetsuaki Baba,Kumiko Kushiyama, Research of game interface with piano, ASIAGRAPH2010 in Shanghai , Journal Vol.4 No.1 2010, pp.203-204 2010-6
    34. Go Shimakawa,Tetsuaki Baba,Kumiko Kushiyama, Link-research of image expressive techniques by live-action images, ASIAGRAPH2010 in Shanghai , Journal Vol.4 No.1 2010, pp.207-208 2010-6
    35. Tatsuhiko Suzuki,Tetsuaki Baba,Kumiko Kushiyama, muve-“muve” Tangible Music Visualizer, ASIAGRAPH2010 in Shanghai , Journal Vol.4 No.1 2010, pp.207-208 2010-6
    36. Orie Watanabe,Tetsuaki Baba,Kumiko Kushiyama, Interactive Japanese Fan “Sensu” to reconsider Traditional Crafts -Sence×Sensu, ASIAGRAPH2010 in Shanghai , Journal Vol.4 No.1 2010, pp.205-206 2010-6
    37. Takada, K., Higurashi, K., Suzuki, T., Ota, M., Baba, T., and Kushiyama, K. 2009. Temperature design display device to use peltier elements and liquid crystal thermograph sheet "Thermo-Pict". In SIGGRAPH '09: Posters (New Orleans, Louisiana, August 03 - 07, 2009). SIGGRAPH '09. ACM, New York, NY, 1-1.
    38. Baba, T., Ushiama, T., and Tomimatsu, K. 2008. Emerging Keys: Interactive Electromagnetic Levitation Keys. In ACM SIGGRAPH 2008 Posters (Los Angeles, California, August 11 - 16, 2008). SIGGRAPH '08. ACM Press, New York, NY.
    39. Baba, T., Ushiama, T., Tsuruno, R., and Tomimatsu, K. 2007. Video game that uses skin contact as controller input. In ACM SIGGRAPH 2007 Emerging Technologies (San Diego, California, August 05 - 09, 2007). SIGGRAPH '07. ACM Press, New York, NY, 4. [ ACM ]
    40. Baba, T., Ushiama, T., and Tomimatsu, K. 2007. Freqtric game: video game which uses skin contact as controller input. In ACM SIGGRAPH 2007 Posters (San Diego, California, August 05 - 09, 2007). SIGGRAPH '07. ACM Press, New York, NY, 139.
    41. BABA, T., USHIAMA, T., AND TOMIMATSU, K. 2007. Freqtric Drums:A Musical Instrument that Uses Skin Contact. Proceedings of the 2007 Conference on New Interfaces for Musical Expression (NIME07), New York, NY, USA, pp.386-387
    42. BABA, T., Freqtric Drums. In Laval Virtual'07: Laval Virtual 2007 Revolution2007,
    43. Baba, T. and Tomimatsu, K. 2006. Freqtric drums. In ACM SIGGRAPH 2006 Emerging Technologies (Boston, Massachusetts, July 30 - August 03, 2006). SIGGRAPH '06. ACM Press, New York, NY, 12.

    国際会議(査読なし)

    1. Kumiko Kushiyama,Tetsuaki Baba, Shinji Sasada生活の中の冷温ディバイス リビングー [Thermo-Chair] [Thermo game] [Thermo drawing] , ASIAGRAPH2011 in Tokyo 2011-10
    2. Mai Mugishima , Yuya Kikukawa , Tetsuaki Baba , Kumiko Kushiyama , Production of the drama directed with depth image sensor -- The reason I exist/ Poster, ASIAGRAPH2012 Forum in Tokyo , 2012-3
    3. Emi Todo, Toshiki Yoshiike, Tetsuaki Baba, Kumiko Kushiyama , Proposal of a Toy Using Contactless Power Transmission / Poster, ASIAGRAPH2012 Forum in Tokyo , 2012-3

    寄稿・解説

    1. 馬場哲晃,音楽を軸に拡がる情報科学:10.音楽とエンタテインメントコンピューティング,情報処理,Vol.57, No.6, pp535--537, 2016, 一般社団法人情報処理学会
    2. 馬場哲晃,ふれあう電子楽器:Freqtric Drums, 精密工学会誌82巻1号, 2016年1月,公益財団法人精密工学会
    3. 馬場哲晃,福祉機器ファブリケーションと音楽情報処理,情報処理 Vol.57 No.3 Mar. 2016,一般社団法人情報処理学会
    4. 串山久美子、馬場哲晃、菊川裕也 研究室紹介 首都大学東京 IDEEA Lab. 日本バーチャルリアリティ学会誌第16巻3号p.164-165 2011-9
    5. 馬場哲晃, 他人に触れると音がなる!? スキンシップ楽器「フレクトリックドラムス」, 音響情報処理最前線第15回, DTM MAGAZINE, Vol.17, No.1, pp94-95, 2009
    6. 馬場哲晃, 超の世界:触れ合いインタラクションを提供する楽器, 自動車技術, 社団法人自動車技術会, Vol.63, No.12, pp98-99, 2009

    海外招待展示

    1. Techfest 2014 - Asia's Largest Science and Technology Festival, IIT Bombay, India, 2014/1/3,4,5
    2. Asia's Largest Science and Technology Festival, IIT Bombay, India, Jan,2014
    3. Robotinity, Ars Electronica Center, 3/3/2011 -
    4. Create your World – Kids’ Carnival of la Biennale di Venezia, Venezia, Italy, 26/02/2011 - 8/3/2011
    5. Japan Media Arts Festival in Vienna, Vienna, Austria, 12/09/ - 20/09/2009
    6. DING>>D0NG, FACT, Liverpool, England, 08/Dec/2008 - 22/Feb/2009
    7. The Forum of Animation Development of China and Japan, China, 29/Sep/2008- 5/Oct/2008
    8. DAT - Digital Art & Technology, An Ars Electronica Exhibition in collaboration with the Singapore Science Centre, Singapore Sicence Centre, Singapore, 9/Nov/2007- 1/Jan/2008
    9. Laboral, Game World Expansion Pack:Playware, Gijon, Spain, 21/Sep/2007- 1/Apr/2008
    10. ARS Electronica, Cyberarts Exhibition, Linz, Austria, 5th.Sep - 14th.Oct 2007
    11. Laval Virtual, Laval, France, 2006/4
    12. ARS Electronica Festival, Gala Opening Performing, Linz, Austria,9/2006
    13. Disney New Technology Forum 招待展示, California, USA, 9/2006

    国内(招待)展示

    1. 遊べる!デジタルアート展,アクロス福岡,2014
    2. Tokyoふしぎ祭(サイ)エンス2014, 日本科学未来館
    3. artsy,恵比寿ガーデンプレイスタワー38階「STUDIO38」,Dec, 2013
    4. 石川夢未来博,Nov, 2013
    5. 遊べる!デジタルアート展,アクロス福岡,2013年07月24日(水) 〜 2013年07月28日(日)
    6. Tokyoふしぎ祭(サイ)エンス2013, 日本科学未来館,平成25年4月20日(土)、21日(日)
    7. ナレッジキャピタルアワードver.0 アジア学生クリエイティブEX. ExhibitionStage, 大阪,2012/12/13
    8. Digital Contents Expo, 東京,2013/10/25-27
    9. アクロス福岡「遊べる!デジタルアート展 〜音とリズム,五感も踊る不思議体験〜」, 2012年8月21日〜26日,アクロス福岡2階,交流ギャラリー
    10. ビジュアルメディアExpo2011, パシフィコ横浜,2011/12/7,8,9, 2011
    11. ConTEX, Digital Contents Expo, 日本科学未来館,2011/10/20 - 22
    12. 五感でアートPartIII,長野県信濃美術館,2011/10/27 - 12/18
    13. 体験型現代美術展〜芸夢・ゲーム〜,浜田市世界こども美術館,2011/7/16 - 9/25
    14. 第22会府中市工業技術展,ふちゅうテクノフェア,ルミエール府中市民会館, 2011/10/21,22
    15. 信州新世代のアーティスト展2010,ホクト文化ホール,長野県長野市, 2011
    16. 信州新世代のアーティスト展2010,伊那市文化会館,長野県伊那市,2011
    17. たかはまサイエンスワンダーランド2010高浜町共催イベント,サイエンスワンダーランドinエルどらんど,石川県,2010年11月14日
    18. いしかわ"夢"未来博,石川県産業展示館,石川県,2010年10月30,31日
    19. Design Touch Exhibition,東京ミッドタウン,東京都,2010年10月28日-11月3日
    20. 文化庁メディア芸術祭岡山展,岡山デジタルミュージアム,岡山市,2010年10月,11月
    21. 東京国際科学フェスティバル,パナソニックセンター,2010年10月9,10日
    22. 企画展,福井原子力センターあっとほうむ,福井県敦賀市,2010年9月19日
    23. 文化庁メディア芸術祭京都展,京都芸術センター京都市, 2010年9月
    24. 「つなげてアート」,浜田世界こども美術館,Hamada, Shimane, JAPAN, 17/Jul/2010
    25. 名古屋NHK「あそぼう!ゆめいっぱいわーるど」,Nagoya, Aichi, JAPAN, 20,21/Mar/2010
    26. きらきら子育てフェスタ2010,Toyama, JAPAN, 7/Mar/2010
    27. 文化庁メディア芸術祭浜松展, Hamamatsu, Shizuoka, JAPAN, 30/Oct/2009 - 3/Nov/2009
    28. NHK教育フェス, Shibuya, JAPAN, 31/Oct/2009 - 3/Nov/2009
    29. NHKワンダーランド, Tokyo, JAPAN, 11/Jul/2009 - 12/Jul/2009
    30. DAF Tokyo 2008, Tokyo, JAPAN, 24/Oct/2008 - 26/Oct/2008
    31. 広島アニメーションフェスティバル, 展示, Hiroshima, JAPAN, 07/8/08 - 11/08/08
    32. ヨコハマEIZONE2008, 展示, Yokohama, JAPAN, 24/07/08 - 29/07/08
    33. メディアアートで創る大阪2007, パフォーマンス,展示
    34. 青森県立美術館,「縄文と現代」展, Aomori, Japan, 2006/10,11,12

    国内発表(査読あり)

    1. 渡辺 真太郎,馬場 哲晃,串山 久美子,Braille Pad Project −タブレット型ディバイスを使用した点字教育支援システムの開発−, インタラクティブ発表,インタラクション2016,一般社団法人情報処理学会,2016
    2. 横溝 有希子,馬場 哲晃.動きを伴うボタンにおけるユーザの動作方向識別評価, インタラクティブ発表,インタラクション2016,一般社団法人情報処理学会,2016
    3. 玉置 凌,馬場 哲晃,仮面の表現創出を支援するインタフェース, インタラクティブ発表,インタラクション2016,一般社団法人情報処理学会,2016
    4. 松岡 湧紀,山本 さき,飯島 好美,馬場 哲晃,土屋 真,串山 久美子,Verl Adams,建築物とメディア表現技術の統合を目指すインタラクティブな空間構成のためのモジュール構造体:IMSS Project, インタラクティブ発表,インタラクション2016,一般社団法人情報処理学会,2016
    5. 中山 凌輔,馬場 哲晃,外見の変化によるアニマシーの知覚変化, インタラクティブ発表,インタラクション2016,一般社団法人情報処理学会,2016
    6. 庭田 凪沙,馬場 哲晃,複数赤外線センサによるオブジェクト検知とそれを利用した集団行動玩具, インタラクティブ発表,インタラクション2016,一般社団法人情報処理学会,2016
    7. 日高 詩織,馬場 哲晃,大画面スマートフォンにおける片手操作を補助する為の背面入力装置, インタラクティブ発表,インタラクション2016,一般社団法人情報処理学会,2016
    8. 小手川 誠也,馬場 哲晃,菊川 裕也,paul haimes,スケートボード走行状態識別を用いたLED発光パターン表現への応用, インタラクティブ発表,インタラクション2016,一般社団法人情報処理学会,2016
    9. 竹腰 美夏,馬場 哲晃,PhysitalMeasure: 実採寸データをデジタルデザインにアサインするファブリケーション支援システム, インタラクティブ発表,インタラクション2016,一般社団法人情報処理学会,2016
    10. 木戸秀和, 橋爪絢子, 馬場哲晃, 松井岳巳, 心拍数変動指標を用いたストレス状態の計測アプリケーションの開発, 2014年度冬季HCD研究発表会, 非特定営利団体人間中心設計推進機構
    11. スマートフォンを用いたストレス状態の簡易推定アプリケーションの開発とユーザ評価, 木戸秀和,橋爪絢子,馬場哲晃,松井岳巳, 第16回日本感性工学会, 日本感性工学会
    12. 識別器を用いた手描き顔の検出システムの提案,島田 真衣,馬場 哲晃,串山 久美子,インタラクション2013,情報処理学会,2013
    13. モータフェーダを利用した触覚提示を用いたゲームアプリケーションの提案,山口 隆,串山 久美子,馬場 哲晃,インタラクション2013,情報処理学会,2013
    14. 手の影が主人公になる体験型影絵芝居デバイスの提案,麦島 舞,東藤 絵美,加藤 愛,大坪 一仁,謝 潔冰,馬場 哲晃,串山 久美子,インタラクション2013,情報処理学会,2013
    15. 熱変色性インクによる喪失感体験を提供可能なカードゲームデザイン,菊川 裕也,卯田 駿介,大迫 美咲,島影 圭佑,田中 利茉,与羽 翼,馬場 哲晃,串山 久美子,インタラクション2013,情報処理学会,2013
    16. 歩数データを使用した音楽映像生成アプリケーションの提案,鈴木 龍彦,下川原 英理,馬場 哲晃,串山 久美子,インタラクション2013,情報処理学会,2013
    17. プロレス興行における観客参加型体感アプリケーションの提案,星 大介,馬場 哲晃,串山 久美子,インタラクション2013,情報処理学会,2013
    18. 非接触給電を用いたドールハウス型人形玩具の提案,東藤 絵美,吉池 俊貴,馬場 哲晃,串山 久美子,インタラクション2013,情報処理学会,2013
    19. ペルチェ素子による手書き文字の動的消去を利用したテーブルトップインタフェースの研究,加藤 愛,馬場 哲晃,串山 久美子,インタラクション2013,情報処理学会,2013
    20. 温冷出力コントローラによる感情表出ゲームシステムの構築,庄司りか,馬場哲晃,串山久美子,インタラクション2013,情報処理学会,2013
    21. 非接触給電を利用したミュージックシーケンサ型電子楽器の試作, 吉池 俊貴,東藤 絵美,馬場 哲晃,串山 久美子, インタラクション2012, 情報処理学会、2012
    22. Hakoniwa - 箱庭型テーブルトップ電子楽器インタフェースの研究と制作, 菊川 裕也,馬場 哲晃,串山 久美子, インタラクション2012, 情報処理学会, 2012
    23. 声質ヴィジュアライザの提案, 松浦 泰仁,角谷 亮祐,秋庭 祐貴,菅沼 佑太,菊川 裕也,馬場 哲晃,串山 久美子, インタラクション2012, 情報処理学会, 2012
    24. 回転角度センサーを利用した協奏インターフェースの提案, 星 大介,卯田 駿介,山口 隆,小林 啓,馬場 哲晃,串山 久美子, インタラクション2012, 情報処理学会, 2012
    25. 着ぐるみ演者の表情表出を支援する顔面入力インタフェース, 吉池 俊貴,庄司 りか,西川 忠宏,對月 沙織,助友 文香,王 丹青,菊川 裕也,馬場 哲晃,串山 久美子, インタラクション2012, 情報処理学会, 2012
    26. Thermo Drawing:冷温提示による小型触覚ディスプレイを使用した 温度描画システムの開発, 串山 久美子, 土井 幸輝, 笹田 晋司, 馬場 哲晃, インタラクション2012, 情報処理学会, 2012
    27. GOMUSICA: ゴムの伸縮で演奏する楽器, 岸岡 信伍,倉知 尚貴,栗原 拓人,馬場 哲晃,串山 久美子, インタラクション2012, 情報処理学会, 2012
    28. 複数のセンサを利用したパペット型インタラクティブ玩具の提案, 島田 真衣,尹 玄玄,木下 夏織,阿嘉 倫大,馬場 哲晃,串山 久美子, インタラクション2012, 情報処理学会, 2012
    29. ソレノイドを利用した動 的触覚呈示が可能な共有玩具デバイスの提案, 金井隆晴, 菊川裕也, 馬場哲晃, 串山久美子(首都大),日本機械学会,日本設計工学会,日本建築学会,日本デザイン学会,人工知能学会,2010
    30. Hello! My Friends!: IC カードを利用した電子幼児絵本のデザインと制作, 庄司りか, 森涼, 門 村亜珠紗, 河内山浩之, 中野裕貴, 松葉知広, 馬場哲晃, 串山久美子 (首都大),Designシンポジウム2010,精密工学会,日本機械学会,日本設計工学会,日本建築学会,日本デザイン学会,人工知能学会,2010
    31. 企画者:二俣泉,司会:根岸由香,話題提供者:馬場哲晃,下川栄子,音楽療法におけるコミュニケーション促進のためのテクノロジの活用〜フレクトリック・ドラムスの開発を契機として〜,第10回日本音楽療法学会学術大会,自主シンポジウム,日本音楽療法学会,2010
    32. 馬場哲晃,土井幸輝,串山久美子,冷温提示を利用したビデオゲームインタラクションの試作, インタラクション2010論文集,情報処理学会,2010
    33. 河内山寛之,門村亜珠沙,中野友貴,松葉知洋,庄司りか,森涼,串山久美子,馬場哲晃, Hello! My Friends!: ICカードを利用した電子幼児絵本のデザインと制作, インタラクション2010論文集,情報処理学会,2010
    34. 串山久美子,馬場哲晃,土井幸輝,笹田晋司,冷温提示による小型触覚ディスプレイ「Thermo-Tracer」の開発, インタラクション2010論文集,情報処理学会,2010
    35. 安藤大地,馬場哲晃,マルチタッチディスプレイを利用した電子擦弦楽器とエフェクトコントローラ, インタラクション2010論文集,情報処理学会,2010
    36. 鈴木龍彦,馬場哲晃,串山久美子,タンジブルな音楽ビジュアライザ”muve”の提案, インタラクション2010論文集,情報処理学会,2010
    37. 渡邊麻里恵,串山久美子,馬場哲晃,伝統工芸を再考するインタラクティブ扇子の制作, インタラクション2010論文集,情報処理学会,2010
    38. 馬場哲晃,コンデンサマイクによる音源位置検出を利用した電子楽器インタフェース, インタラクション2009論文集,情報処理学会,pp49-50,2009
    39. 馬場哲晃,牛尼剛聡,富松潔,複数人ユーザ間における身体接触を検知する電子楽器システムを事例としたセンシングモジュールの開発,インタラクション2009論文集,情報処理学会,pp47-48
    40. 太田美紗子,日暮恭子,鈴木龍彦,高田健介,馬場哲晃,串山久美子,ペルチェ素子と液晶サーモグラフシートを利用した温度表示装置,インタラクション2009論文集,情報処理学会,ポスター発表
    41. 馬場哲晃,牛尼剛聡,富松潔,人体接触検知を利用したコンピュータゲーム, インタラクション2007論文集, 情報処理学会,pp45-46,2007 [pdf]
    42. 馬場哲晃, 富松潔, Freqtric Drums/Strings: 人と触れあう電子楽器デバイスの実装, インタラクション2006論文集, 情報処理学会,pp61-62,2006 [pdf]
    43. 馬場哲晃,富松潔,"MSC Messenger"のデザイン, 芸術工学会誌,芸術工学会,pp70-71, No.36, 2004
    44. 馬場哲晃,富松潔,音楽におけるコミュニケーションを視覚・聴覚化するメディアアート作品, 第3回NICOGRAPH春季大会論文&アート部門コンテスト論文集,芸術科学会,pp71-72,2004
    45. 馬場哲晃、富松潔,インターネットを介したリアルタイム音楽セッションを可能にするプロトタイプツールの制作, 第3回NICOGRAPH春季大会論文&アート部門コンテスト論文集,芸術科学会,pp45-46, 2004

    国内発表(査読なし)

    1. 竹腰 美夏,小林 義明,馬場 哲晃,metacast:治療用装具における3Dモデルデータ作成支援システムの提案,研究報告アクセシビリティ(AAC),2016-AAC-1,2016-07-22(AAC学生奨励賞)
    2. 小手川 誠也,菊川 裕也,馬場 哲晃,Paul Haimes,スケートボード走行時における走行状態認識とLED発光パターンへの適用,情報処理学会EC研究会,研究報告エンタテインメントコンピューティング(EC),2015-EC-38,2015(EC学生発表賞)
    3. 尹 玄玄,馬場 哲晃,串山 久美子, インタラクティブな手書き漢字教育支援システムの研究, インタラクション2015,一般社団法人情報処理学会,2015
    4. 齋藤 匠,馬場 哲晃,串山 久美子, ComBand: 遠隔地間における触覚コミュニケーションのためのリストバンド型デバイスおよび通信システムの提案, インタラクション2015,一般社団法人情報処理学会,2015
    5. 小手川 誠也,馬場 哲晃,串山 久美子, ブレイクダンスを対象としたシューレースに脱着可能な発光デバイスにおけるLED制御アルゴリズムの検討 インタラクション2015,一般社団法人情報処理学会,2015
    6. 与羽 翼,串山 久美子,馬場 哲晃, 静電容量センサーを利用した直感的な入力を可能にする音楽演奏インタフェースの提案 インタラクション2015,一般社団法人情報処理学会,2015
    7. 飯島 好美,馬場 哲晃,串山 久美子, “光と影”を用いたアンビエントメディアとしてのLED間接照明プロダクト インタラクション2015,一般社団法人情報処理学会,2015
    8. 角谷 亮祐,馬場 哲晃,串山 久美子,菊竹 雪, BORNINGEN: 企画提案を支援する手書き棒人間認識システム, インタラクション2015,一般社団法人情報処理学会,2015
    9. 伊藤 清里奈,串山 久美子,馬場 哲晃, 協調関係の構築を支援する和音の協和性を可視化した透明スクリーンの制作, インタラクション2015,一般社団法人情報処理学会,2015
    10. 丹生谷 祐一郎,串山 久美子,馬場 哲晃, 映像における特徴シーン自動検出とインタラクション自動付加システムの検討と開発, インタラクション2015,一般社団法人情報処理学会,2015
    11. 松岡 湧紀,山本 さき,飯島 好美,佐藤 和美,馬場 哲晃,土屋 真,串山 久美子,Verl Adams 建築物の有用性とメディア技術の統合を目指すインタラクティブなスクリーンウォールに関する研究, インタラクション2015,一般社団法人情報処理学会,2015
    12. 小宮 慎之介,串山 久美子,馬場 哲晃, 身体動作を用いたマルチメディアディバイスの提案, インタラクション2015,一般社団法人情報処理学会,2015
    13. 長塚 麻美,串山 久美子,馬場 哲晃, 体動検知を用いた睡眠深度測定による睡眠の質向上インタフェースの提案, インタラクション2015,一般社団法人情報処理学会,2015
    14. 庭田 凪沙,馬場 哲晃,串山 久美子, 音情報により制御可能な自走式玩具の制作, インタラクション2015,一般社団法人情報処理学会,2015
    15. 筧 康明, 馬場 哲晃, 長谷川 晶一, 渡邊 淳司, VR研究と作品の関係の再発見 , 第19回日本バーチャルリアリティ学会大会<
    16. 筧 康明, 渡邊 淳司, 岩井 大輔, 馬場 哲晃, 伊藤 雄一, 坂本 真樹, 棟方 渚, アート&エンタテインメントと論文, 第18回日本バーチャルリアリティ学会大会
    17. 中西 恭介,与羽 翼,馬場 哲晃,串山 久美子,NAKANISYNTH:波形を描いて音を作るシンセサイザEC2014
    18. 菊川 裕也,馬場 哲晃,串山 久美子,LuminouStep 踏み込みを可聴化するシステムの研究と開発,EC2014
    19. 長谷川晶一, 渡邊淳司, 筧康明, 馬場哲晃, 岩井大輔, 企画セッション「アート&エンタテインメントと論文査読」, 研究報告エンタテインメントコンピューティング(EC), 2014-EC-32, 29, 1 - 2, 2014-05-30, 一般社団法人情報処理学会
    20. 志水新,馬場哲晃,串山久美子,金石振:“視覚障害者の日本語入力を支援するフリック入力型キーボード”, HCI研究会報告 2014-HCI-158(5), 1-6, 2014-05-15 一般社団法人情報処理学会,(SIGHCI学生発表賞受賞)
    21. 木戸秀和,馬場哲晃,橋爪絢子,松井岳巳, スマートフォンを光電脈波センサーとして用いた慢性ストレス評価に関する研究, 日本人間工学会関東支部第19回卒業研究発表会講演集, pp.2-3, 2013年12月7-8日
    22. 東藤 絵美,馬場 哲晃,串山 久美子, 拡張現実技術と仕掛け絵本を融合したインタラクションデザイン インタラクション2014,一般社団法人情報処理学会,C3-5, 2014
    23. 山口 隆,卯田 駿介,中西 恭介,尹 玄玄,角谷 亮祐,倉知 尚貴,馬場 哲晃,串山 久美子, Music Puzzle: パズル解法を動機とした音楽シーケンサ, インタラクション2014,一般社団法人情報処理学会,C3-1, 2014
    24. 加藤 愛,馬場 哲晃,串山 久美子, HandON: ペルチェ素子による手書き文字の動的消去と触覚呈示を用いたテーブルトップインタフェースの研究, インタラクション2014,一般社団法人情報処理学会,C1-1, 2014
    25. 吉池 俊貴,馬場 哲晃,串山 久美子 入出力可能で対話的なスクリーンの開発, インタラクション2014,一般社団法人情報処理学会,C0-0, 2014
    26. 齋藤 匠,石下 茜,伊藤 清里奈,松岡 宗人,与羽 翼,馬場 哲晃,串山 久美子, ファミリーモビール: 人感センサを用いたモビール型デバイスの提案, インタラクション2014,一般社団法人情報処理学会,B5-2, 2014
    27. 麦島 舞,馬場 哲晃,串山 久美子, 演劇における映像の役者化, インタラクション2014,一般社団法人情報処理学会,B4-5, 2014
    28. 中西 恭介,馬場 哲晃,串山 久美子, 物体からの反射光強度に基づく光学ピックアップ演奏システム, インタラクション2014,一般社団法人情報処理学会,B2-6, 2014
    29. 卯田 駿介,馬場 哲晃,串山 久美子, 光学文字認識を利用した音楽演奏インタフェースの提案, インタラクション2014,一般社団法人情報処理学会,B1-1, 2014
    30. 王 丹青,馬場 哲晃,串山 久美子, オタ.スター: ライブエンターテインメントのためのスマートフォンを使用したライトペン型アプリケーションの制作 インタラクション2014,一般社団法人情報処理学会,B1-2, 2014
    31. 馬場哲晃, 菊川裕也, 串山久美子, スマートフォン操作下におけるGocenシステムの基礎的操作設計, 研究報告音楽情報科学(MUS), 一般社団法人情報処理学会,2013-MUS-101(11),2013-12-16
    32. 中西 恭介, 串山 久美子, 馬場 哲晃,光学ピックアップを用いた2次元画像情報に基づく演奏システム,研究報告音楽情報科学(MUS),一般社団法人情報処理学会,2013-MUS-101(7),2013-12-16
    33. 中西 恭介, 山口 隆, 卯田 駿介, 角谷 亮祐, 尹 玄玄, 倉知 尚貴, 串山 久美子, 馬場 哲晃, パズル解法を動機とした音楽シーケンサ:Music Puzzle, 研究報告音楽情報科学(MUS), 一般社団法人情報処理学会,2013-MUS-101(10),2013-12-16
    34. 卯田 駿介 , 馬場 哲晃 , 串山 久美子 , 光学文字認識による音楽演奏インタフェースの提案,研究報告音楽情報科学(MUS),一般社団法人情報処理学会,2013-MUS-99(28),1-4 (2013-05-04)
    35. Yuya Kikukawa , Toshiki Yoshiike , Tatsuhiko Suzuki , Takaharu Kanai , Tetsuaki Baba , Kumiko Kushiyama , A design process of musical interface “PocoPoco”: An interactive art work case study, 研究報告音楽情報科学(MUS),2013-MUS-99(56),1-6 (2013-05-04)
    36. 卯田駿介,串山久美子,馬場哲晃,光学文字認識によるタンジブルミュージックシーケンサ,情報処理学会研究報告. EC, エンタテインメントコンピューティング,一般社団法人情報処理学会,2013-3/16
    37. 山口 隆,串山久美子,馬場哲晃,モータフェーダを利用した触覚提示を用いたゲームアプリケーションの提案,情報処理学会研究報告. EC, エンタテインメントコンピューティング,一般社団法人情報処理学会,2013-3/15
    38. 菊川裕也,安藤大地,馬場哲晃,串山久美子 ,Sound Garden,第14回 JSSA研究会,先端芸術音楽創作学会,2012
    39. 馬場哲晃,菊川裕也,串山久美子,青木允,簡易な手書き譜面を利用した演奏手法の検討と実装, 情報処理学会研究報告,EC, エンタテインメントコンピューティング,一般社団法人情報処理学会,2012-5/15, 1-6, 2012
    40. 東藤絵美,吉池俊貴,馬場哲晃,串山久美子,非接触給電を利用した玩具の提案, EC, エンタテインメントコンピューティング,Journal Article, 一般社団法人情報処理学会,2012-5/15, 1-4, 2012
    41. 馬場 哲晃,教育・福祉現場における電子楽器インタフェースの可能性〜Freqtric Drumsを事例として〜,情報処理学会研究報告. EC, エンタテインメントコンピューティング,Journal Article,09196072,一般社団法人情報処理学会,2011-12-10,2011-EC-22(1),1-3, 2011
    42. 鈴木龍彦,金井隆晴,菊川裕也,馬場哲晃,串山久美子,PocoPoco - 視覚的、触覚的にユーザにアプローチできる演奏インタフェースとそのパフォーマンス,先端芸術音楽創作学会,第10回研究会,2011
    43. 馬場 哲晃,有田 光希,安藤 大地,伊藤 悠真,金井 隆晴,小池 宏幸,村主 大輔,辰巳 直也,平井 重行,平井 辰典,深山 覚,水本 直希,山本 龍一,デモンストレーション:音楽情報処理の研究紹介X,情報処理学会研究報告. [音楽情報科学],Journal Article,一般社団法人情報処理学会,2011,2011-07-20,2011,2011-MUS-91(16),1-8
    44. 菊川 裕也,馬場 哲晃,串山 久美子,箱庭型テーブルトップ電子楽器インタフェースの研究と制作,情報処理学会研究報告. [音楽情報科学],Journal Article,一般社団法人情報処理学会,2011-MUS-93(5),1-6,2011-12-04,2011
    45. 松瀬愛紗,鈴木龍彦,金井隆晴,小木梨紗帆,馬場哲晃,串山久美子, 複数人がフィジカルに操作できるキューブ型デバイスの提案, エンタテインメントコンピューティング2011
    46. 吉池 俊貴,庄司 りか,助友 文香,對月 沙織,西川 忠宏,菊川 裕也,王 丹青,馬場 哲晃,串山 久美子 多点配置フォトリフレクタによる非接触な顔面入力装置の試作 情報処理学会研究報告. EC, エンタテインメントコンピューティング 09196072 一般社団法人情報処理学会 2011-08-23 2011 10 1-6 http://ci.nii.ac.jp/naid/110008600687/
    47. 馬場 哲晃,青木 允 ラインイメージセンサを利用した簡易な手書き五線譜読取りアルゴリズム 情報処理学会研究報告. EC, エンタテインメントコンピューティング 09196072 一般社団法人情報処理学会 2011-08-23 2011 9 1-4 http://ci.nii.ac.jp/naid/110008600686/
    48. 馬場 哲晃,有田 光希,安藤 大地,伊藤 悠真,金井 隆晴,小池 宏幸,村主 大輔,辰巳 直也,平井 重行,平井 辰典,深山 覚,水本 直希,山本 龍一 デモンストレーション:音楽情報処理の研究紹介X 情報処理学会研究報告. [音楽情報科学] 一般社団法人情報処理学会 2011-07-20 2011 16 1-8 http://ci.nii.ac.jp/naid/110008584106/
    49. 金井 隆晴,菊川 裕也,鈴木 龍彦,馬場 哲晃,串山 久美子 押す,掴む,回すを利用した演奏インタフェースの試作 情報処理学会研究報告. [音楽情報科学] 一般社団法人情報処理学会 2011-07-20 2011 15 1-6 http://ci.nii.ac.jp/naid/110008584105/
    50. 金井 隆晴,菊川 裕也,鈴木 龍彦,馬場 哲晃,串山 久美子 ソレノイドを利用した動的触覚呈示デバイスによる音楽演奏インタフェースの提案 情報処理学会研究報告. [音楽情報科学] 一般社団法人情報処理学会 2011-02-04 2011 6 1-5 http://ci.nii.ac.jp/naid/110007986250/
    51. ライフゲームを基にした キューブ型インタラクティブデバイスの提案, 松瀬 愛紗,鈴木 龍彦,金井 隆晴,小木 梨沙帆,馬場 哲晃,串山 久美子,インタラクション2011,情報処理学会,2011
    52. 2点間の空中音源位置検知による手遊び歌ゲームの提案, 麦島 舞,東藤 絵美,馬場 哲晃,串山 久美子,インタラクション2011,情報処理学会,2011
    53. ハングル ガングル: ハングル文字学習のためのインタラクティブ玩具, 門村 亜珠沙,塚田 浩二,馬場 哲晃,串山 久美子,インタラクション2011,情報処理学会,2011
    54. ソレノイドを利用した動的触覚呈示デバイスによる 音楽演奏インタフェースの提案, 金井 隆晴,菊川 裕也,鈴木 龍彦,馬場 哲晃,串山 久美子,インタラクション2011,情報処理学会,2011
    55. Webカメラを利用した万華鏡映像ツールの提案, 東藤 絵美,馬場 哲晃,串山 久美子,インタラクション2011,情報処理学会,2011
    56. カードの色を読み取り 混色の原理を取り入れた着せ替えゲームの提案, 丸山 ことみ,馬場 哲晃,串山 久美子,インタラクション2011,情報処理学会,2011
    57. PocoPoco:ソレノイドを利用した触覚デバイスにおける演奏インタラクションの提案, 金井隆晴, 菊川裕也,鈴木龍彦, 馬場哲晃,串山久美子, 第89回音楽情報科学研究会,情報処理学会,2011
    58. サーモゲーム:ペルチェ素子による温冷呈示を利用したビデオゲーム,馬場哲晃,笠松慶子,土井幸輝,串山久美子,EC2010,2010
    59. PocoPoco -ソレノイドを利用した動的触覚呈示が可能な「あそび」の提案-,金井隆晴,菊川裕也,馬場哲晃,串山久美子,EC2010,2010
    60. 温冷呈示を利用したビデオゲームインタラクションにおけるその手法の検討と開発,馬場哲晃,笠松慶子,土井幸輝,串山久美子,研究報告:エンタテイメントコンピューティング(EC),Vol.2010-EC-17 No.5,2010
    61. ソレノイドを利用した動的触覚呈示が可能な「あそび」の提案,金井隆晴,菊川裕也,馬場哲晃,串山久美子,研究報告:エンタテイメントコンピューティング(EC),Vol.2010-EC-17 No.5,2010
    62. 温冷感覚特性と加齢効果, 土井幸輝,西川冬瑠,串山久美子,馬場哲晃,瀬尾明彦, ジュロンテクノロジー研究フォーラム2009,ISG日本支部研究発表会,2009
    63. デモンストレーション:若手による研究紹介Ⅲ, 浜中雅俊/竹川佳成/橋田朋子/元川洋一/馬場哲晃/日暮圭/中野倫靖/吉井和佳/松原正樹/梶克彦/北原鉄朗, Vol.2006 No.90, 2006/8
    64. 馬場哲晃, 藤井公彦,牛尼剛聡, 富松潔, 堀智雄 , Groovin’ Driving を利用した車内運転環境の安全性に関する検証,ヒューマンインタフェースシンポジウム2006論文集,HI学会,2006
    65. 藤井公彦, 馬場哲晃, 牛尼剛聡, 富松潔, 堀智雄, "Groovin'Driving"における運転者の「ノリ」に基づく選曲, ヒューマンインタフェースシンポジウム2005論文集,HI学会, pp433-436, 2005
    66. 馬場哲晃, 藤井公彦,牛尼剛聡, 富松潔, 堀智雄 , Groovin' Driving: 車内楽器を利用した快適環境の生成, ヒューマンインタフェースシンポジウム2005論文集,HI学会,pp429-432, 2005
    67. 馬場哲晃 ,富松潔 ,音楽によるコミュニケーションを可能にするメッセンジャーソフト -MSC Messenger-,第20回NICOGRAPH論文コンテスト論文集,芸術科学会,pp143-148,2004
    68. 馬場哲晃,富松潔,人と触れあう電子楽器インタフェースのデザインと制作,日本デザイン学会誌第52回研究発表大会概要集,日本デザイン学会, pp96-97,2005
    69. オンメモリーの大規模辞書を用いたカナ漢字変換の実験, 稲永紘之、馬場哲晃, 九州情報処理学会 2003.09

    知的財産

    1. 馬場哲晃,発明名称:電子機器遠隔操作システム及びプログラム,特許出願番号:2014-146470
    2. 馬場哲晃,発明名称:電子楽器,特願:2012-096835
    3. 馬場哲晃,串山久美子,金井隆晴,菊川裕也,鈴木龍彦,発明名称:電子楽器,特願:2012-83978
    4. 馬場哲晃,商標登録:「フレクトリックドラムス/Freqtric Drums」,登録番号:第5374638号,登録日:平成22年12月10日
    5. 馬場哲晃,富松潔,検出装置,実用新案,出願番号2010-006233, 登録日;平成22年11月4日,登録番号:第3164419号
    6. 串山久美子,馬場哲晃,土井幸輝,冷温感覚ディスプレイ装置およりその駆動方法,特開:2011-180678
    7. 馬場哲晃、牛尼剛聡、富松潔,接触検出方法、接触検出器、及びこの接触検出器を備えた操作装置またはビデオゲーム装置,特許出願番号2007-175669,特開:2009-11514
    8. 馬場哲晃、富松潔 ,演奏装置(課題名:演奏者と聴衆とのスキンシップによって音を出力して演奏する演奏装置において、音の強弱の変化を可能とした演奏装置を提供する),特許出願番号2006-237038 ,特開:2008-58742

    研究資金(研究助成/共同研究)

    1. 2014年4月〜 電子知育玩具に関する研究,企業共同研究, 研究代表者
    2. 2013年3月〜 1年間 冷温感触覚呈示できるインタラクティブ絵本のシステム開発, 公益財団法人 中山隼雄科学技術文化財団, 研究分担者 (研究代表者:串山久美子)
    3. 2013年2月28日〜 1年間 協調作業を支援するパブリック空間での参加型触覚ゲームの開発, 公益財団法人 科学技術融合振興財団, 研究分担者(研究代表者:串山久美子)
    4. 2011年〜2013年 デジタルサイネージデザインのための視触覚ディスプレイの開発, 日本学術振興財団,科学研究費補助金,基盤(C), 研究分担者(研究代表者:串山久美子)
    5. 2010年7月〜2011年3月 障害者と健常者が共に楽しい科学遊びと電子工作教室 , (財)科学技術振興機構,「地域活動支援」機関連携型, 実施副担当者(実施担当者:串山久美子)
    6. 2010年〜2012年, 身体接触及び冷温感触覚インタフェースを応用したインタラクションシステムの開発,日本学術振興財団,科学研究費補助金,若手研究(B), 研究代表者 成果報告
    7. 2009年10月〜2012年10月, 電子知育玩具に関する研究,企業共同研究, 研究代表者
    8. 2008年12月〜2009年12月, 冷温感覚をインタラクティブに提示するディスプレイ装置の開発, (財)科学技術振興機構,つなぐしくみ, 研究分担者(研究代表者:串山久美子 首都大学東京)

    招待講演,イベント出演

    1. BOBビジネス交流会主催 第16回ITビジネス情報交換会, 2012
    2. 文化庁メディア芸術祭京都展アーティストプレゼンテーション,出演作家:近森基++久 納鏡子、筧 康明、安藤 英由樹、Alvaro CASSINELLI、クワクボリョウタ、馬場 哲晃, 2010
    3. ASIAGRAPH2010 in Tokyo ライブセッション,10月15日(金)11:30~12:30(開場 11:30), 2010

    その他(新聞,テレビ,雑誌,その他メディア)

      新聞
    1. 「タッチで音楽」,読売KODOMO新聞,2012/3/1
    2. 「五感で楽しむ未来の遊び」デジタルコンテンツEXPO2011,読売新聞夕刊,2011/11/5
    3. 「アートの今」伝える,信濃毎日新聞,2011/2/16
    4. 「県内若手芸術家 並ぶ意欲作」,信濃毎日新聞,2011/2/4
    5. 「新世代の芸術家支援」,長野日報,2011/2/4
    6. 「若手芸術家作品並ぶ」,中日新聞,2011/2/3
    7. 読売新聞社,2010/12/29
    8. "Japonska deseczka i Elektrybalt", Gazeta, ワルシャワ,ポーランド, 2010/4/11
    9. 「演奏相手に触れれば音」,日本経済新聞,2009/04/09
    10. 「互いの想像力が刺激に 県立美術館でアート交流」,東奥日報朝刊, 2006/10/11 [当日の紙面.jpg]
    11. 「色・形工夫して勝負!」,東奥日報朝刊, 2006/10/10 [当日の紙面.jpg]
    12. 「PC上で土偶のバトル 青森でD1グランプリ」,共同通信, 2006/10/9
    13. 「福岡と東京結び遠隔地合奏 九州大の院生がソフト開発」,共同通信, 2004/7

    TV

    1. 世界一受けたい授業,日本テレビ,2012/12/15(FaceX)
    2. NHKニュース,NHK,2012/10/25,(Gocen)
    3. WBS,テレビ東京,2012/10/25,(Gocen)
    4. しりだがり,フジテレビ,2012/10/26,(Gocen)
    5. スッキリ!!,日本テレビ,2012/10/26,(Gocen)
    6. トレンドたまご,テレビ東京,2011/12/1,(猫かぶる)
    7. トレンドたまご,テレビ東京,2011/11/16,(PocoPoco)
    8. iCon,日本テレビ,2011/11/8,(温冷感インタフェース)
    9. 大天才てれびくん,NHK,2011/28
    10. j-com 西日本wordrobe http://wordrobe.jp/onair/, 2011/4/15
    11. スペースシャワーTV「スペチャ!」, 2011/4/14
    12. TBS「王様のブランチ」, 2011/4/9
    13. ズームイン!!SUPER, 日本テレビ,2011/3/10
    14. 革命TV,TBS,2011/2/20
    15. さきっちょ,テレビ朝日,2010/6/8
    16. 東京サイト,テレビ朝日, 2010/4/12
    17. さんま&所の大河バラエティ 超超近現代史!人間は相変わらずアホか!?,ブームショーコーナー,日本テレビ,2010/3/30
    18. 世界一受けたい授業,日本テレビ,2010/1/30
    19. 月光音楽団,TBS,24:25-24:59,2010/1/11
    20. ふしぎ推理SHOWなんで!? なんで!?, フジテレビ, 2009/1/1
    21. 電脳タカトシ研究所, 日本テレビ, 2009/12/28
    22. モーニングサテライト「ネタのたね」,テレビ東京, 2009/12/30
    23. Star King, SBS放送(韓国), 18:00-19:30, 2010/1/9
    24. ぶらり途中下車の旅, 日本テレビ, 9:30-10:30,2009/12/5
    25. はんにゃのこの手があったか!, 日本テレビ, 13:30-14:00, 2009/11/28
    26. NHK教育フェア生放送, NHK, 2009/10/31
    27. 行列のできる法律相談所, 日本テレビ, 21:00-22:00, 2009/10/18
    28. はなまるマーケット,TBS,2009/9/1
    29. スーパーモーニング,テレビ朝日,2009/8/18
    30. メレンゲの気持ち,日本テレビ,2009/7/25
    31. 世の中進歩堂,BS-JAPAN,2009/7/19
    32. 大阪ほんわかテレビ,大阪読売テレビ,2009/7/5
    33. 笑っていいとも増刊号,フジテレビ,2009/5/31
    34. BS熱中夜話,NHKBS,2009/5/15
    35. あさパラ,大阪読売テレビ,2009/5/2
    36. モーニングサテライト,テレビ東京,2009/4/13
    37. ワールドビジネスサテライト「トレたま」,テレビ東京,2009/4/9
    38. abnステーション,長野朝日放送,2009/3
    39. デジタルスタジアム,NHK, 2008/6/27
    40. デジタルスタジアム,NHK, 2008/4/18
    41. デジタルスタジアム,NHK, 2005/11/26
    42. デジタルスタジアム,NHK, 2004/5/15
    43. デジタルスタジアム,NHK, 2003/10/4

    ラジオ

    1. まとめてないです

    雑誌

    1. オランダデジタルテクノロジー雑誌「KIJK」2月号(Gocen)
    2. ソトコト,2012年9月号, No.159
    3. 月間 eコロンブス,表紙
    4. DTMマガジン,ついに商品化!「フレクトリックドラムス」
    5. マイコミジャーナル,スキンシップで楽器演奏できる新感覚電子楽器「フレクトリック ドラムス」
    6. まったく新しい楽器体験「フレクトリックドラムス」, the ミュージックセラピー,vol.17, pp28,29, 音楽之友社,2010/7/31
    7. スキンシップに着目したデジタル楽器 -フレクトリックドラムス-, the ミュージックセラピー vol.16, pp110, 音楽之友社,2009/11/23
    8. こちら赤坂新ネタ横丁「スキンシップで音が鳴るフレクトリックドラムス」, COMMERCIAL PHOTO, 玄光社,pp82-83, 2009
    9. フレクトリックドラムス -スキンシップで音を出す新発想おもしろ電子楽器-, DIME, 小学館, pp75, 2009/5
    10. VISION 6-1, England, 2008
    11. 21世紀のID -インタラクションデザイン熟考, AXIS 11・12月号, vol.130, pp35,2007
    12. 美術手帳12月号, 2006
    13. MAC POWER 11月号, 2006
    14. メディアアートを見れば,5年後のデザインがわかります.CASA BRUTAS 11月号,vol.80 , pp107, 2006
    15. 特集「21世紀のID」インタストリアルデザインからインタラクションデザインへ, AXIS 9・10月号 vol.123, pp59, 2006
    16. シティ情報福岡 10/2005

    WEB(その他メディア)

    1. Digi Info, 猫かぶる
    2. Watch me TV New, フジテレビラボLLC合同会社,2006/11/13 [link]
    3. ファイブミニッツカフェ 〜天神クリエーターズフォルダー〜, 天神FM,2006/8/31, 9/1, [link]
    4. Asian New Standard, LOVE FM福岡, 2004/8/8, [link]
    5. JDN/福岡観測記/07 メディア・アーティスト:馬場哲晃, 2004/8/4, [link]


    Copyright (c) 2015 Tetsuaki BABA all rights reserved.