TetsuakiBaba

workshop/NU/dc2/main

デジタルコンテンツ2

2017年度の授業補助情報

出席カウント及び,欠席の扱いに関して

  1. 出席は毎回ではなく,15回の授業の中でランダムに3回出席をとります.
  2. 当日止む終えない理由(下記参照)で欠席,遅刻する場合は,必ず授業前までにメールにて連絡をすること
  3. 交通機関遅延,医療機関受診,感染症,忌引等で欠席した場合は,それぞれの証明書の提出(忌引は除く)をもって公欠とします.
  4. 各種証明書の提出方法:baba@tmu.ac.jp 宛にスキャンもしくは,カメラで撮影したものを提出してください.
上記以外で出席及び,欠席に扱いに関して質問があれば,メールでご相談ください.授業の際に相談していただいても構いません.


Processingを利用した画像や映像の基礎

Processingを利用して画像、動画のピクセル操作やモーションデータの再構成を学びます。

  1. モーションデータの再構成
  2. 画像、動画データの再構成

課題1:perfumeモーションデータのメディア変換(身体動作→視覚化)

授業で利用したモーションデータを用いて,perfumeの動きを人間の動きに見えないようなグラフィック表現または音声表現などのメディア変換をおこなってください.モーションデータの再構成のページの例をよく参考にして,それらをベースに修正するとよいです.

課題2:perfumeモーションデータのメディア変換(身体動作→聴覚化)

引き続きモーションデータを用いて,可聴化を行います.頭,両手,両足の座標だけを利用し,パフュームの動きを音に変えてみましょう.

課題3:動画のオリジナルエフェクト(画像→画像)

画像,動画データの再構成を参考にし,オリジナルの動画エフェクトをかけられるプログラムを作成してください.


Circuits.ioでフィジカルコンピューティング体験

Circuits.ioを利用して簡単な電子工作を体験してみます。Circuits.ioの入門、基礎については、 123D CircuitでArduino電子工作入門を参照してください。 なお,現時点(平成29年11月23日)で,Autodesk社によるCircuits.ioはTinkercadにその機能が移行されているので,Tinkercad.comからアクセスできます.

今回の授業ではArduinoとNeoPixelを使ってLED発光をプログラムから制御してみます。

Ada fruit_NeoPixelを発光させる最初のサンプル

#include <Adafruit_NeoPixel.h>

#define NUMPIXELS 16
Adafruit_NeoPixel strip = Adafruit_NeoPixel(NUMPIXELS, 6, NEO_GRB + NEO_KHZ800);

void setup() {
  strip.begin();
}

void loop() {
  uint32_t c = strip.Color( random(0,255), random(0,255), random(0,255) );
  for( int i = 0; i < NUMPIXELS; i++ ){
    strip.setPixelColor(i, c); 
    strip.show();
  	delay(100);
  }

}

課題4:NeoPixelを利用して、クリスマスイルミネーションを作成してください


Illustratorを利用して,グラフィックデザインの基礎を知る

サンプル画像

課題5:Illustratorを利用して,A4(縦)サイズの1枚のグラフィックをレイアウトしてください

コンテンツは下記のような自身が深く関わる内容としてください.

グリッドを利用したレイアウトに慣れてもらうため,各素材(テキストや画像)は必ずグリッドに合わせて作成してください.


ウェブコンテンツ(css,javascript,jQuery)

デジタルコンテンツにおいて、コンテンツ数においてはおそらく最も多いと言える、ウェブサイトに関して体験してみます。大きく分けて html, css, javascriptの3つに学習項目が存在します。まずは全体を俯瞰し、ウェブデザインを体験することからはじめます。

  1. ウェブサイト入門
  2. jQuery入門

最終課題:自身のウェブポートフォリオの作成

最終課題は自身のウェブポートフォリオを作成します.これまでの課題,制作物,その他授業や個人の活動,趣味等を集め,ポートフォリオとして情報を魅力的にまとめます.最終課題を未提出の場合は単取得ができませんので,十分に注意して下さい.

【課題制作開始から提出までの流れ】
  1. html5up
  2. から利用したい雛形をきめ,ダウンロードします.
  3. 雛形を編集し,ウェブポートフォリオを作成します.ただしポートフォリオには以下の内容を含めます. 制作例(雛形)
    • 氏名,学籍番号,授業名
    • 課題1での制作物
    • 課題2での制作物
    • 課題3での制作物
    • 課題4での制作物
    • 課題5での制作物
    • 4つのjQueryエフェクトを含むウェブページの作成.ただし雛形と同じものは不可)
    • この授業「デジタルコンテンツ2」に関する感想
  4. 完成したファイルをzip形式にして,ファイル名を「学籍番号氏名.zip」にて提出すること.提出先はこちら)(締め切り1月29日(月)17:00迄).1月29日(月)17:00をすぎると自動的に提出システムが閉まります.メール等のその他の提出方法は原則受け付けません.止む終えない理由があった場合はその旨を別途emailにてご連絡ください.ただしその場合は締切前にかならず連絡をしてください.鑑みて最終課題点をつけます.提出の際,氏名とメールアドレスを別途入力する必要がある場合があります.その場合は必ず本名及び受信可能なメールアドレスを入力してください.
【注意事項】