workshop/NU/dc2/main

デジタルコンテンツ2


事務連絡欄

重要連絡1(平成29年1月13日午前10時44分更新) 2017年1月19日(木)は補講授業となります.1,2限を利用して休講分の授業を行います.通常と異なり9時スタートとなりますのでご注意ください.なお,他の試験時間と重なった場合は試験を優先してください.同内容が学内掲示もされます.突然の連絡となってしまい大変申し訳ありませんが,どうぞよろしくお願いいたします.

  • 12月1日(木)2限休講分として,1月19日(木)1限に補講を行います
  • 12月8日(木)2限休講分として,1月19日(木)2限に補講を行います
  • 場所は1限,2限ともにいつものコンピュータ室(3207)になります
  • 今回の補講は出欠を取ります.ただしテスト,インターンシップ等の欠席理由がある場合は代わりにレポート提出を課します.必ず事前に馬場(baba@tmu.ac.jp)までメールをください.レポート内容は19日の授業終了後にこのページで公開します.

重要連絡2(平成29年1月12日午後2時53分更新) 最終課題の締切日を2月6日17:00としていましたが,こちらの成績入力期間に間に合わないため,締切日を2日早め,2月4日17:00迄に変更しました.また,延滞アップロードに関しては成績入力の問題から不可としました.ご注意ください.


概要

近年の急速な技術革新の最たる例として、情報化が挙げられます。視覚、聴覚、触覚等の様々な感覚を情報化(デジタルデータ化)することで、私達の生活は一変したといえます。生活が変化するだけでなく、それに伴い社会や法律までも変わりつつあるのが現代であるといえます。映画が動画ファイルになる、漫画が画像ファイルになる。といったデジタルデータ化が身の回りにおける解りやすいデジタルコンテンツであるといえます。一方で、データになることで、従来では不可能であった表現や産業応用が可能になるデジタルコンテンツを作り出すことが可能になりました。

この講義ではデジタルコンテンツデータの制作や操作において、プログラミングを実習形式に用いることで、多岐にわたるデジタルコンテンツの表層を体験することと、デジタルコンテンツを創造する力を身につけることを目的とします。幾つかの分野を俯瞰しながら授業を進めていきますので、その過程で興味のある分野や領域の発見、プログラム能力の向上を目指してください。


Processingを利用した画像や映像の基礎

Processingを利用して画像、動画のピクセル操作やモーションデータの再構成を学びます。

  1. モーションデータの再構成
  2. 画像、動画データの再構成

Circuits.ioでフィジカルコンピューティング体験

Circuits.ioを利用して簡単な電子工作を体験してみます。Circuits.ioの入門、基礎については、 123D CircuitでArduino電子工作入門を参照してください。

平成28年11月17日授業分

今回の授業ではArduinoとNeoPixelを使ってLED発光をプログラムから制御してみます。

Ada fruit_NeoPixelを発光させる最初のサンプル

NeoPixelを利用して、クリスマスイルミネーションを作成してください。課題提出方法は下記の通り。

  • 提出締切:11月24日の授業時間内
  • 提出物:自身の課題ページの埋め込みコードを「学籍番号名前.html」ファイルに保存して提出。提出前にファイルをダブルクリックでブラウザで開いた場合、ちゃんと課題が表示されるかを必ず確認すること
  • 提出方法:11月24日(木)の授業時間に、課題提出フォルダを作成するのでそこに提出してください

ウェブサイト

デジタルコンテンツにおいて、コンテンツ数においてはおそらく最も多いとかんがえられる、ウェブサイトに関して学びます。大きく分けて html, css, javascriptの3つに学習項目が存在します。まずは全体を俯瞰し、ウェブデザインを体験することからはじめます。

  1. ウェブサイト入門
  2. jQuery入門

最終課題:自身のウェブポートフォリオの作成

最終課題は自身のウェブポートフォリオを作成します.これまでの課題,制作物,その他授業や個人の活動,趣味等を集め,ポートフォリオとして情報を魅力的にまとめます.

【課題制作開始から提出までの流れ】
  1. html5up
  2. から利用したい雛形をきめ,ダウンロードします.
  3. 雛形を編集し,ウェブポートフォリオを作成します.ただしポートフォリオには以下の内容を含めます. 制作例(雛形)
  4. 完成したファイルをzip形式にして,ファイル名を「学籍番号氏名.zip」にて提出すること.提出先はこちら(締め切り2月4日17:00迄).締め切りから2日間は延滞アップロードを許可していますが,減点されます.延滞アップロードは締切期間の都合上できなくなりました.必ず提出期間内に提出してください.2月4日17:00をすぎると自動的に提出システムが閉まります.止む終えない理由があった場合はその旨を別途emailにてご連絡ください.ただしその場合は締切前にかならず連絡をしてください.鑑みて最終課題点をつけます.提出の際,氏名とメールアドレスを別途入力する必要がある場合があります.その場合は必ず本名及び受信可能なメールアドレスを入力してください.
【注意事項】
  • 各紹介ページには積極的に動画,画像付きで説明を入れてください.テキストのみでのページ作成は基本的に課題得点が下がるとお考えください.
  • html5upの雛形ですが,授業で扱ったテンプレート「html5up-forty」以外での提出をすることで課題評価点が上がります.
  • その他,なにか不明な点あればお気軽に馬場にメール( baba@tmu.ac.jp )してください.質問する際はメールタイトルに「デジタルコンテンツ2の質問」と記入いただけると最速で返信できます.
  • 一度提出したデータを削除することは馬場しかできません.提出したファイルに誤りがあった場合や,データを更新したい場合は全く同じファイル名「学籍番号氏名.zip」にて再度提出してください.こちらで最新のファイルを課題チェック対象データにします.
  • みなさんが作成したポートフォリオデータを個人で公開するのは自由ですが,その際は著作権や倫理的観点から不適切な内容を含まないか十分に考慮した上でデータを公開してください.
  • 提出された課題データは成績評価のみに使用し,それ以外の用途に利用または公開するようなことはいたしません.
  • この講義の単位取得に関する不安がある場合,個別に馬場までメールをください.可能な範囲でお答えします(baba@tmu.ac.jp)

Copyright (c) 2015 Tetsuaki BABA all rights reserved.